コストに見合うだけの価値が生み出されないケース

サイト作成には費用がかかる?!

事業を発展させるためにホームページを作ろうと考えた時、誰がどうやって作成するかという問題に直面します。社内あるいは取引先などに専門家や業者がいれば良いのですが、そうではない場合、専門業者への発注が選択肢の一つになるでしょう。 しかし、こういった業者の場合、事業規模に見合わないサイトを手掛けてしまう可能性があります。勿論、新たにECサイトを運営するようなケースであれば、セキュリティ対策がしっかりしたデザインに優れたサイトを作ることは大切です。しかし、従来通りホームページ以外に販路があるようなケースでは、まずは会社の名前をつけたページを持つことから初めて、事業展開に応じて発展させていっても問題はありません。立派なサイトは初期費用が高額になるので、「最近の流行なので」といった言葉に惑わされず、規模をよく考えて作成を依頼しましょう。

維持運営にも費用がかかる?!

いざサイトが出来た後にも、少なからずお金が発生することに注意しましょう。サイトを設置しているレンタルサーバーやドメインの利用料金などは、毎年定期的に発生します。それ以上に注意したいのは、作成を誰かに依頼していた場合、サイトのデザイン変更などを行う度に費用が発生する可能性があることです。技術の進歩と共にサイトのデザインなども変化していきますので、トレンドに応じたものに変えていくことは欠かせません。 しかし、そういった作業ができる人材がいない場合、その度に追加費用を支払う必要がでてくることもあります。メンテナンスについては、誰がどのくらいの頻度でどうやって行うかは事前に検討しておき、後になって慌てることのないようにしておきましょう。