公開後の活用ができないケース

更新が途中で止まってしまう

ホームページ作成のデメリットとして、公開後にホームページを有効に活用できないケースがある点が挙げられています。
よくみられる例として挙げられているのが、ホームページを公開した後は頻繁に最新情報やブログなどを更新していたのに何年か経過するとほとんど更新されなくなってしまうというケースです。このような場合はホームページはほぼ意味をなさなくなってしまいますし、ホームページを維持するための費用ばかりが掛かってしまうのはもちろん、企業側の情報提供に関してユーザー側が疑問を持つ可能性もあります。
このためホームページを作成したとしてもホームページを提供された側がうまく運用することができなくなってしまう点が、デメリットとして問題視されています。

効果がわからずに辞めてしまうことが原因

そもそもホームページ公開後にうまく活用できなくなってしまう原因には、ホームページを運用しても効果がいまいちわからないことが指摘されています。
ホームページを公開しても集客につながらなかったり目に見えて成果がわからないと、ホームページを作成しても意味がないのではないか・運用してもしなくても変わらないのではないかと考えてしまいがちです。その結果、ホームページの運用に時間を割くことを諦めてしまうという会社も少なくないと言います。
このような問題に関しては継続して成果を確認して運用することが重要だと考えられていますし、途中で更新を止めてしまう方が会社としての信用を失ってしまうデメリットに繋がります。そのため事前の計画作成と成果の確認が、デメリットの回避に重要だと言われているようです。